フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合わせについては、下記時間内に対応させていただきます。
    平日 10:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)

  • お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。

  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。

  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

  • 弊社の製品は業務用製品でございますので、一般消費者の方への小売販売はしておりません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品 必須
お問い合せ商品名
用途
ご購入店 必須
  • ご購入ルート
  • 弊社の製品は業務用製品でございますので、一般消費者の方への小売販売はしておりません。申し訳ございませんが、ご了承のほどお願いいたします。
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

ホームページ、株式・株主情報、決算・IR、報道・ニュースリリース、CSRなどに関するお問い合せは
不二製油グループ本社へお問い合せください。

不二製油グループ本社 
お問い合せフォーム

通信販売(ソヤファームクラブ)についてのお問い合せはこちら

ソヤファームクラブTEL 0120-39-3009

(9:00~19:00 日・祝日を除く)

お問い合せフォームはこちら

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品
お問い合せ商品名
用途
ご購入店
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。

研究開発

エステル交換~油脂製品の製造に欠かせない技術~

エステル交換とは?

不二製油の油脂を語るのに欠かせない技術の一つが「エステル交換技術」です。エステル交換技術は、チョコレート用油脂、マーガリン・ショートニング用油脂など様々な油脂製品の製造に使用されている加工技術です。

油脂はグリセリンと脂肪酸により構成されており、グリセリンに結合した脂肪酸を別の脂肪酸に並べ替える技術をエステル交換と言います。

このエステル交換技術には、化学触媒を使用する化学法と、リパーゼを触媒とする酵素法があります。今回は不二製油が世界で初めて工業化に成功した、リパーゼによる「酵素エステル交換技術」を利用したチョコレート用油脂についてご紹介します。

エステル交換とは?
油脂の構成

油脂の構成

ココアバターの代替油脂開発に成功

カカオ豆から採れるココアバターはチョコレートの原料として使用されていますが、ココアバターは天然物であるため高価であり、また品質や生産量が安定しません。このような理由から、1970年代には世界の油脂大手企業がココアバターの代わりとなるような油脂を探索し、研究を行っていました。

ココアバターの構成成分には、グリセリンにステアリン酸(S)とオレイン酸(O)という脂肪酸がSOSの順に結合したトリグリセリドのSOS脂があります。

SOSトリグリセリド

SOSトリグリセリド


品質が安定したココアバター代替脂の供給、SOS脂の効率的な生産を実現させるために世界中で研究が急がれていた中、不二製油はそれまでの常識を覆す方法でのエステル交換によってOOO脂の1位、3位にステアリン酸を置換し、SOS脂を作ることに成功しました。

エステル交換

エステル交換

チョコレート用油脂の工業化へ

この技術の確立により、1980年代中頃に不二製油は世界で初めてリパーゼのエステル交換技術を用いたチョコレート用油脂の工業化・大量生産を開始しました。

チョコレート用油脂の生産によって本格的に始まった酵素エステル交換技術は、様々なジャンルの食品へ広がり、現在の油脂加工分野ではなくてはならない技術となっています。