フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)

  • お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。

  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。

  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品 必須
お問い合せ商品名
用途
ご購入店 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

ホームページ、株式・株主情報、決算・IR、報道・ニュースリリース、CSRなどに関するお問い合せは
不二製油グループ本社へお問い合せください。

不二製油グループ本社 
お問い合せフォーム

USS、豆乳クリームについてのお問い合せはこちら

USS受付事務局TEL 03-3541-5530

(10:00〜12:00、13:00〜18:00 土・日・祝日を除く)

通信販売(ソヤファームクラブ)についてのお問い合せはこちら

ソヤファームクラブTEL 0120-39-3009

(9:00~19:00 日・祝日を除く)

お問い合せフォームはこちら

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品
お問い合せ商品名
用途
ご購入店
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。

大豆で健康

閉じる

奈良時代、大豆の加工法が伝播

奈良時代、大豆の加工法が伝播

 飛鳥時代から奈良時代になると遣唐使をはじめ、中国との交流がより盛んになり、大豆の加工法が伝わってきます。
 日本の万葉集の和歌の中にカニと塩のつき混ぜ歌や鹿の胃袋を塩につけて調味料とする歌があることから、魚醤や肉醤の類はもともと日本にあったと思われますが、大豆や米、麦などの穀類を塩とともに発酵させてつくる穀醤や豆醤は奈良時代に伝わったと考えられています。遣唐使の派遣が行われると、多くの使節、留学生、僧が渡航し仏教文化とともに中国の醤(ひしお)や大豆を塩漬けにした豆鼓(とうち)の製法が伝わったとされています。

 「大宝律令(たいほうりつりょう)」(701年)には朝廷の食事を管理する章で、これら醤や豆鼓について記述されています。醤には、草醤、魚醤、穀醤、肉醤がありました。野菜、果物、海藻を漬けたものが草醤で、これは今の漬物のようなもの。魚介類に塩を加えたものは魚醤で、これは今の塩辛のようなもの。あと、鳥獣の肉に塩を含ませたのが肉醤で今の生ハムのようなもの、大豆や米と麦に塩を加えて発酵させたものが今の味噌や醤油のルーツのようなものとされています。この頃の醤はほぼ固形に近く、これがどろどろした液状になって、発酵物を絞って液汁、今の醤油のようなものになるのは平安時代になってからと考えられています。