フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)

  • お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。

  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。

  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品 必須
お問い合せ商品名
用途
ご購入店 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

ホームページ、株式・株主情報、決算・IR、報道・ニュースリリース、CSRなどに関するお問い合せは
不二製油グループ本社へお問い合せください。

不二製油グループ本社 
お問い合せフォーム

USS、豆乳クリームについてのお問い合せはこちら

USS受付事務局TEL 03-3541-5530

(10:00〜12:00、13:00〜18:00 土・日・祝日を除く)

通信販売(ソヤファームクラブ)についてのお問い合せはこちら

ソヤファームクラブTEL 0120-39-3009

(9:00~19:00 日・祝日を除く)

お問い合せフォームはこちら

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品
お問い合せ商品名
用途
ご購入店
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。

大豆で健康

閉じる

日本では弥生時代の稲作とともに大豆が普及

日本では弥生時代の稲作とともに大豆が普及

 日本最大級の縄文集落跡、青森県の三内丸山(さんないまるやま)遺跡の本格調査が1992(平成4)年に開始されて以来、縄文人は狩猟採集を糧に移動する生活ではなく、温暖な気候の下、大きな栗林や木の実が多くなる森の近くに定住し、栗やドングリを主食にしていたことがわかってきました。また、巨木を用いた高層建築もつくる高い文化を持っていたともされています。
しかし、縄文時代も紀元前2,000年頃になると、世界的に気候は寒冷化に向かい、繁茂していた栗林も衰退、栗などの陸の食料、動物が激減し、縄文人も最盛期の約26万人から約8万人に減少しました。

 気候の寒冷化にともなって、稲作技術を完成させていた中国大陸や朝鮮半島の人々が新たな土地を求めて南下、日本に高度な稲作技術が伝わり、大規模の水田開発が進められる弥生時代が始まります。また平野部が狭い日本では水田開発とともに、水田以外の土地で豆類や雑穀の栽培も推し進められていきました。中国では古くから平地での稲作と丘陵地での大豆栽培を経験していたので、稲作とともに本格的な大豆栽培も普及していきました。その他、水田に不向きな土地では、あわ、ひえ、麦、蕎麦などの雑穀類、里芋や山芋などのいも類、まめ類では大豆の他に小豆、ササゲなどを植えていました。