フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)

  • お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。

  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。

  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品 必須
お問い合せ商品名
用途
ご購入店 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

ホームページ、株式・株主情報、決算・IR、報道・ニュースリリース、CSRなどに関するお問い合せは
不二製油グループ本社へお問い合せください。

不二製油グループ本社 
お問い合せフォーム

USS、豆乳クリームについてのお問い合せはこちら

USS受付事務局TEL 03-3541-5530

(10:00〜12:00、13:00〜18:00 土・日・祝日を除く)

通信販売(ソヤファームクラブ)についてのお問い合せはこちら

ソヤファームクラブTEL 0120-39-3009

(9:00~19:00 日・祝日を除く)

お問い合せフォームはこちら

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品
お問い合せ商品名
用途
ご購入店
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
お問い合わせいただき、ありがとうございました。

大豆で健康

閉じる

大豆のルーツ

大豆のルーツ

 これまで大豆のルーツは、シベリア、中国、朝鮮半島、東南アジアといろんな説が唱えられていました。しかし今では新たな遺跡発掘や遺伝子調査などから、それぞれの地域で固有の特長があるものがみつかっており、起源地は一つでなく複数あるのではないかと考えられています。

 その大豆の原種といわれているのはつる性の植物・ツルマメ(ノマメとも呼称)。この植物は今でも北海道日高地方を北限にして日本各地で見ることができます。野生のツルマメは茎が細くて長く、実は大豆と比べると偏円形でかなり小さいものでした。それが、作物として育て上げられる長い歴史の中で、実が大きくなり、茎はつる状になる性質から直立する性質に変わって、背丈も低くなったとされています。また実の入っているサヤも、熟すると自然にはぜるという本来のマメ科植物の性質を失うようになりました。

 大豆とツルマメの中間体も上記のエリアでみつかっていますので、大豆は今のように世界各地にある作物でなく、古くは中国、東アジアを中心に栽培されながら進化をしたマメであるといえます。古い文献の中で大豆の栽培について具体的に書かれているのは、中国最古の農書「氾勝之書(はんしょうししょ)」(紀元前1世紀後半)。これは現在の山西省あたりの農業について記述した本ですが、その中に「大豆は不作の年でもたやすく収穫が得られる。それで飢饉に備えるための貯え物として大豆を作ることは古代人にとってごく当然のことであった……」と記されています。