フォームからのお問い合せ

お問い合せについて

  • お問い合せについては、平日営業時間内に対応させていただきます。
    営業時間 : 平日 9:00 ~ 17:00
    (土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇等、弊社休日を除く)

  • お客様へのお返事は、お客様個人にお送りするものです。弊社の許可なくお返事の一部または全部を転送、二次利用することや、当該お客様以外に開示することはご遠慮ください。

  • まことに恐縮ですが、お問合せ内容によりご連絡までお時間を頂く場合がございます。
    またお問合せの内容によってはご回答しかねる場合もございますのでご了承ください。

  • お電話にて回答させていただく場合もございますので、日中ご連絡可能なお電話番号の記入をお願いいたします。

お問い合せ内容

お問い合せ項目 必須
お問い合せ商品 必須
お問い合せ商品名
用途
ご購入店 必須
お問い合せ内容 必須

お客様情報

お名前 必須
お名前(カナ) 必須 全角カタカナで入力してください。
メールアドレス 必須 半角で入力してください。 確認のためもう一度ご入力ください。
郵便番号 半角で入力してください。
ご住所 必須
お電話番号 半角で入力してください。
ご職業 必須
会社名
部署名

個人情報について

  • お客様の個人情報及びお問い合せ内容は、弊社プライバシーポリシーに則り、管理しております。

  • お客様の個人情報はお問い合せの対応のみに利用させていただきます。

ホームページ、株式・株主情報、決算・IR、報道・ニュースリリース、CSRなどに関するお問い合せは
不二製油グループ本社へお問い合せください。

不二製油グループ本社 
お問い合せフォーム

USS、豆乳クリームについてのお問い合せはこちら

USS受付事務局TEL 03-3541-5530

(10:00〜12:00、13:00〜18:00 土・日・祝日を除く)

通信販売(ソヤファームクラブ)についてのお問い合せはこちら

ソヤファームクラブTEL 0120-39-3009

(9:00~19:00 日・祝日を除く)

お問い合せフォームはこちら

以下の内容でよろしければ「送信する」ボタンを押してください。

お問い合せ内容

お問い合せ項目
お問い合せ商品
お問い合せ商品名
用途
ご購入店
お問い合せ内容

お客様情報

お名前
お名前(カナ)
メールアドレス
郵便番号
ご住所
お電話番号
ご職業
会社名
部署名

お問い合せを受け付けました。
ご入力いただいたメールアドレスへ確認メールを送信いたしましたので、ご確認をお願いいたします。

大豆で健康

閉じる

中国、アジアからヨーロッパ、アメリカへ

 大豆の生産面では20世紀初頭まで、中国、朝鮮、日本だけで大規模生産が行われていました。ヨーロッパは、オーストリア、ルーマニア、ブルガリアで小規模生産が行われましたが、当初から輸入でまかなえる需要量であったため積極的に栽培するには至りませんでした。アメリカでは第一次大戦時からノースカロライナ州の南部で栽培が始まり、大豆がササゲやトウモロコシよりも早害や多湿害に強いことがわかったため、大戦後の1919年から大豆の生産規模を拡大し、第二次大戦後には生産量、輸出量とも世界一になりました。その後ブラジルでも生産が始まり、現在では、アメリカ、ブラジル、アルゼンチンが代表的な生産国となっています。

中国、アジアからヨーロッパ、アメリカへ

 海外での大豆の用途は主に食用以外でしたが、近年、和食ブームがおきており、豆腐や豆乳の消費量はヨーロッパ、アメリカでも増加、世界展開している大手カフェチェーンでも豆乳メニューが採用され消費量を大きく伸ばしました。

 また2015年の世界の豆乳消費量が発表されましたが、タイやベトナムの伸び率が大きく、タイは日本の約2倍の741千klで世界2位の豆乳消費国になっています。ベトナムは日本とほぼ同じの331千klで世界4位となっています。
 さらに大豆食品はベジタリアン、ヴィーガン向けの食品としても注目されており、今後の広がりが期待できます。