情報収集力と創造力を駆使して
ヒット商品を生み出す
営業

鈴木 昭博

農学部卒
2008年入社

営業部門 営業第二部 第二課。入社後、営業部門に配属となり、菓子メーカーや専門店(洋菓子店やベーカリー)に製菓製パン原料を中心としたルート営業を経験。2016年から、現在の部署でコンビニエンスストア担当に。トレンド感とスピード感が要求される中にあり「顧客の想像を超える提案」を心がけ、実績を重ねる。

※部署名等の記事内容は取材当時のものです

コンビニの新商品開発と提案に取り組む

私の所属する営業部門第二部第二課の主な顧客はコンビニエンスストアです。コンビニと一言で言っても、チルドデザート、ドリンク、麺類、お弁当、おでんをはじめアイスクリームなど、不二製油が関わることができる商品はたくさんあります。コンビニにある食品全てに提案営業をすることができ、不二製油の取り扱い商品群の多さをフルに活用できます。その中でユーザーが求める商品を原料メーカーや自社の研究開発部門と協働して商品開発を行い、提案をしています。

仕事の流れについてはシュークリームを例に挙げてみると、わかりやすいかも知れません。例えば新商品として「今までにないシュークリーム」といったテーマが提示されたとします。まずは、現状の人気商品をリサーチして、「今までにない」というキーワードに相応しい方向性を探り出します。シュークリームのクリームを担当するスタッフと皮を作るための粉を仕入れる原料メーカーとすり合わせしながら試作品を作り、完成した試作品を顧客にプレゼンテーションをします。もちろんコンペティションですから、提案が通るか否かはわかりません。私たちの提案が通れば、細部の要望をヒアリングして微調整をしたり、大量生産ができるように指定の工場に合わせて製造プロセスを調整することもあり、数週間後に私たちの提案した商品がコンビニエンスストアの新商品として店頭に並ぶのです。

目指すのは顧客の想像を超える提案

現在の部署に配属されたのは2016年4月のことです。それまでは洋菓子、ベーカリーの専門店などに製菓製パン原料を販売する部署に所属していました。この部署に配属されて思うことは、不二製油は取り扱い製品が幅広いだけでなく、社内に名だたるトップパティシエと対等に話しができるほどの技術とセンスを持った開発スタッフがおり、さらに、新技術により新たな製品を創りだすハード開発部隊もあります。これらの素晴らしい資本を活かすか否かは営業担当の力に掛かっているということです。顧客が提示するテーマをどのように解釈して商品コンセプトを立てるのか?実際に食べたときの味は?歯触りは?など、課題は限りなくあるのです。シュークリームの商品開発で例えたように、顧客の「今までにないシュークリーム」というキーワードをひもといて商品コンセプトを立て、原料メーカーや研究開発部門が同じ方向に向かって物作りができるようにするのが最も大切な仕事なのです。皆が同じ方向に向くためには、皆が共感できる言葉を選ぶことが重要で、最近、言葉の大切さを痛感しています。やればやるほど課題が見えてくる、それが正直な感想です。

また、コンビニエンスストアの商品サイクルはとても早く、発売から2週間後には次の新商品を打ち出すことも珍しくないため、スピード感を持って商品開発に取り組まなければなりません。さらに、トレンドを察知する情報力が求められるため、常にネットや業界誌等で情報収集し、話題の店には必ず行くようにしています。課題はたくさんありますが、顧客が「想像を超える提案」と言ってくださったり、私の手がけた商品が店頭に並んでいるのを見ると言葉にならないほど嬉しいです。この喜びがあるから課題が見えるたびに、乗り越えたくなるのだと思います。

今、興味があるのは東南アジアのスイーツ市場。東南アジアのスイーツ市場はこれから開拓される可能性に満ちています。不二製油のものづくり力で、東南アジア圏の食文化を創造したいと思っています。

ある1日のスケジュール

8:00
出社 定時は9時だが、自主的に8時に出勤して始業時間までにメールチェックおよびその日の予定を確認して準備を行う。
9:00〜10:00
デリバリー対応を行う。
10:00~11:00
顧客本社へ移動して、次期新商品に関することや、現在、手がけている新商品に関する情報共有など行う。
12:00〜13:00
ランチタイムも情報収集の場。人気のカフェなどでランチを楽しむことも。
13:00〜14:00
顧客本社へ戻り、ビル内の各部署を訪問して商談を行う。
14:00~17:00
筑波に移動して研究開発部門のスタッフと打ち合わせ。
17:00〜19:00
会社に帰り、翌日の準備を行い、帰宅。

PREV

金子 照生

法学部卒
2004年入社

NEXT

程 彦

医歯薬学総合研究科
生体制御科学専攻修了
2012年入社