内定者・若手社員の声

VOICE OF THE YOUNG 01

内定者の皆さんに聞きました。

Q01

不二製油を選んだ理由を
教えてください。

Q02

就職先を決めるにあたって
重視したことを教えてください?

Q03

就職活動をする上で
心がけたことは何ですか?
苦労したことは何ですか?

  • 自分が本当にやりたいことが何かを理解すること。同時にそれを見つけるのに 大変苦労した。
  • 面接ではかたくならず面接官を楽しませてやろうと心がけました。
  • 飾らずに自分の素を出し、面接に臨むこと。
  • 志望動機や入社後にやりたい事といった問いに対して嘘を言わずに済むように,よく調べて興味を持った企業にのみエントリーした。
  • 自分の意志を曲げない、いい意味でわがままになる。
Q04

エントリー時と内定時で不二製油のイメージは変わりましたか?
またそれはどういったところですか?

変わったと感じたところ

  • チョコ・油屋ではない
  • 思ったより広い領域
  • 中間生産物を作るだけではなく提案もする
  • 保守的なイメージであったが、意外と挑戦的な部分も多い

変わらないと感じるところ

  • 一貫してあたたかい会社
  • 人が良い
  • 技術力は定評がある
  • 一風変わった会社である
Q05

不二製油を知ったキッカケは何ですか?
またいつ頃に知りましたか?

  • 大学3年次のマレーシア留学時、町中に広がるパームヤシに興味を持ち、ネットで調べる中で不二製油を知りました。
  • 就活を始めた頃、食品メーカーを調べている際に不二製油の存在を知りました。最終製品メーカーと異なり、何を作っているのか知らなかったため、興味を持ちました。
  • 私は就職活動で困っていた時に教授に教えて頂いたからです。その時は覚えていなかったのですが調べていくと小学生の頃から不二製油のバスを見たりまた、チョコレートを食べたりしていた事を思い出しました。
Q06

選考過程で不二製油ではどういった能力が
必要とされていると感じましたか?

  • 何事にも興味を持ち、自分の意見を持つ能力
  • 専門的な知識や能力よりも積極性などのその人の人間性を重視しているように感じました。
  • 「どのように自身が考えるか」という自分の意見と「なぜそのように考えるのか」といった論理的に語れる能力
  • 変わる環境に対応する柔軟さが求められていると感じました。ある要件に対してどのように対処していくかが求められると感じました。
  • 何事にもチャレンジする精神
Q07

不二製油に入社してから
挑戦してみたいことを教えてください。

  • この商材からこんな商品ができるのかと驚いて頂けるような商品を世の中に生み出したいです。多くの人に笑顔と感動を伝えられるような仕事をしていきたいです。
  • 自身の手がけた素材を使用した商品たちが、コンビニエンスストアの棚一面を埋め尽くす。海外のコンビニエンスストアの商品でも、当たり前のように、自身の手がけた素材が使われるようにしたい。
  • 日本はもちろん、海外の食文化を作ることに挑戦してみたいです。「食」は人間にとって一番身近なものです。だからこそ「食」で、人をより健康に、幸せにできると考えています。
  • 「おいしさ」と「健康」を両立した製品を創ることに挑戦したいです。健康的な素材ができれば、幅広い食品を通して、たくさんの人々の健康に貢献できると考えています。食品づくりで、健康を実現させたいです。
  • 世の中に無くてはならない様な食品素材を開発し、それを通して世界の人々の健康を増進したいと考えています!!

VOICE OF THE YOUNG 02

若手社員の皆さんに聞きました。

Q01

入社して一番うれしかったことは何ですか。

  • 自分が子供のときから好きだったパンに使用されているマーガリンの風味改良に携わることが出来たこと。マーガリン等一つの素材開発を担当することで、その素材が使用される様々な食品に携わることが出来、やりがいを感じる。
  • 技術開発部内での新技術の開発を担当しているが、誰も成功していない実験に成功したこと。またこの実験をベースに海外出張にも行かせて、来月には海外でのテスト生産が決定していること。
  • 同期に限らずですが皆さんいろんな価値観をもった人がいて、そんな中で会社として共に仕事をさせてもらえる事をうれしく思っております。
  • 先輩方より、できるようになったこと・改善された事等に関してフィードバックを頂けたこと。自らの業務もある中で、新入社員の私に対して、そのような評価や声をかけてくださることに感動致しました。
  • 非常に自由度が高く、のびのびと仕事が出来ていること。
Q02

入社前と入社後のギャップは
どういったものですか?

  • 学生時代、会社の上司とはとても固い人だと想像していた。しかしながら、入社してみると、とても話しやすい人ばかりで、現在では仕事およびプライベートのことも話せる関係を築けている。
  • 良い意味でのギャップはある。ベテランと若手に与えられる仕事に差異は無く、与えられる仕事の質は非常に高いと思う。
  • 生産部も含め非常に気さくな方が多く、組織で仕事をしているというよりは、チーム一丸で仕事をしている感じは非常に働きやすい環境だと感じる。
  • 自分の予想以上に「不二製油」が食品業界では有名だったことです。
  • 名前が世に出ることは多くありませんが、いろんな食のシーンに「不二製油」が関係していて驚きました。
Q03

仕事のやりがいは何ですか?

Q04

働く上で大切にしていることは何ですか?

Q05

職場の雰囲気はどうですか?

  • 先輩や上司とは非常に話しやすい雰囲気が常にある。一方で、仕事については常にまじめで、日々全員で尽力している。
  • 男女半々、年代もバラバラで、正にダイバーシティを体現しています。性別・年齢・バックグラウンドも皆全く異なる中で、率直に意見をぶつけ合える環境です。
  • 「仲が良く、風通しが非常に良い環境」です。職場の雰囲気としては何処の会社にも負けないものは感じます。会社が楽しいです。
  • 最高です。新人の意見も聞いてくれますし、何より「育てよう」という雰囲気がすごく感じられます。
  • 業務を行うにあたってまだまだ分からないことが多く、同部署の先輩だけでなく他部署の方に聞くことも多々あるが、拠点・部署関係なく、皆さん丁寧に優しく教えて下さり、とてもアットホームな雰囲気。
  • 近くの方々が冗談を話しているのが聞こえてくるので笑ってしまいます。
  • 私は話下手なのですが、周囲の方々が積極的に話し掛けて下さるので、非常に仕事がしやすいと感じています。
Q06

初任給や初ボーナスは何に使いましたか?

  • 初ボーナスは実家で家族に焼肉をご馳走しました。
  • 初任給は両親を中々リッチなフランス料理店に連れて行きました。
  • 海外旅行に行きました。学生時代の貧乏旅行とは違って、お土産を好きなだけ買い、現地の美味しいご飯を沢山食べました!
  • 初任給は家具等をそろえるのに使いました。初ボーナスは両親に少しプレゼントをしました。
  • 初任給は、クレジットカードの支払いに消えました。初ボーナスの一部は三連休中の台湾旅行のために使いました。金曜日、仕事終わりに関空に直行できるのは阪南事業所の隠れた魅力の一つだと思います。
Q07

仕事で悩んだときに
相談する相手は誰ですか?