ホーム > 食の安全 > 独自のシステム・分析センター

独自のシステム・分析センター

独自の品質保証システム

 品質保証の情報は早く、正確にとらえ、的確に発信してこそ価値があります。当社は、トレーサビリティシステムと品質情報システムを連携させた独自の品質保証システムを確立。迅速かつ正確な情報開示と対応を可能にしています。

トレーサビリティシステム

仕入れ、生産、在庫、出荷(販売)の各段階においてデータベースを作成し、連携しています。個々の製品に関する、原材料から流通まで一貫して情報を管理しています。

品質情報システム

当社で使用する原材料の品質情報、個々の製品規格書をデータベース化しています。トレーサビリティシステムと連携することで、原材料から個々の製品まで、使用状況を一元管理して、必要な情報を迅速に活用できます。

品質保証システムの概要図

品質保証システムの概要図

食品安全分析センターを充実

 原材料や製品の安全・安心を確保するため、食品安全分析センターで、最新の分析機器を駆使して高度な分析を実施しています。遺伝子組換え大豆、残留農薬、異物混入(有機、無機)、アレルギー物質、病原性微生物、食品添加物などに関する分析・調査を行っています。製品の安全性の確度をよりいっそう高めるため、設備、体制をさらに充実させ、最先端の分析方法の導入・開発を目指します。

異物分析異物分析