ホーム > 研究開発

設立の意義

2016年夏、不二サイエンスイノベーションセンターは、不二製油グループ内外の知識と技術を融合させ、技術イノベーションを興す場として設立されました。

そのミッションは以下のとおりです。

不二グループ内外の知識・技術の融合。技術イノベーション

「挑戦と革新」を担う研究開発センター

写真

写真

 創業以来の「挑戦と革新を断行する」というDNAを受け継ぎ「人のために働く」を合言葉として、不二製油グループは2015年、グループ本社制に移行し、新たなステージへ飛躍いたします。その飛躍の中心となり、挑戦と革新を推進する役割を果たすのが「不二サイエンスイノベーションセンター」です。
 これは「不二製油グループ内外の知識と技術の融合により、イノベーションを興す場」として設立しました。イノベーションのアイデアの多くは人との対話から生まれます。フリーアドレスの導入やコラボレーションラボの設置、バーチャル工場見学等、社内外との様々なコミュニケーションを通じ知の融合を図ります。
 今後、不二製油グループの研究・技術開発に関するグローバルネットワークのヘッドクォーターとして、世界中の市場ニーズを捉え、おいしさと健康で社会に貢献することで、当社のビジョンである「食の未来創造カンパニー」を目指します。

CTO 前田 裕一
不二製油グループ本社株式会社
取締役常務執行役員
最高技術責任者(CTO)
前田 裕一

設備概要

不二サイエンスイノベーションセンターの設備概要

仕切りの無い実験室、コミニュケーションエリア、フリーアドレス等により、「イノベーションのアイディアは、人と人の対話、活発な議論から生まれる」の発想を具現化し、R&Dのミッションを実現させます。