ダイバーシティ基本方針

不二製油ダイバーシティ基本方針

不二製油グループでは、多様な人材を幅広く求め、おのおのが持てる能力を最大限に発揮できる風土を醸成することで、社会への新たな価値提供を加速していきます。

  • 1.採用、育成、登用などの人材発掘の全段階において、 人員構成の多様性を意識する。
  • 2.多様な人材がそれぞれの能力を最大限に発揮できるよう、柔軟性のある制度展開を行う。
  • 3.多様な人材の戦略的な活用を意識し、社会及び会社への利益貢献へとつなげていく。

指標でみる不二製油のダイバーシティ/ライフ・ワーク・バランス

1999年にトップ方針として、女性活躍推進が打ち出され、これに対応して、 「不二アクティブネットワーク(FAN)」を1998年より、プロジェクト形式で発足、仕事と育児・介護の両立支援やワークスタイル改革などに取り組んでいます。さらに、2014年度からは、人事部にダイバーシティ推進担当を置き、「活きたキャリアを構築する」ことをスローガンに、

  • 1.育児勤務者だけでなく、上司、配偶者を交えた育児休業フォローアップセミナーの実施、育休復帰コミュニケーションシートの導入
  • 2.育児・介護サービスの利用に対する費用援助、保育活動の支援
  • 3.男性育児休業の取得推進
  • 4.育児休業中の情報提供ツールの導入
  • 5.在宅勤務のテスト導入. 

等の施策をすすめております。