ホーム > 会社情報 > 不二製油グループの歴史 技術史 > 1990年代

不二製油グループの歴史

  • 製品史
  • 技術史
  • 経営史
 

技術史

1990年
(平成2)
  調味用クリーム技術開発
1991年
(平成3)
  ドライチョコレート生産技術を開発
1992年
(平成4)
9月 スペースシャトル「エンデバー」でリパーゼの実験
圧延油の技術を開発
低油分クリーム生産技術を開発
1993年
(平成5)
  パーム油乾式圧濾分別技術を完成
ベシャメルソースベース生産技術を開発
水溶性大豆多糖類生産技術を完成
1994年
(平成6)
6月 コジェネレーションシステムを導入、阪南事業所に1号機竣工
1995年
(平成7)
  冷凍パイ生地生産技術を開発
1996年
(平成8)
7月 エステル交換油脂が米国食品医療局(FDA)よりGRAS
(一般に安全と認められる)認定
1997年
(平成9)
  機能性粉末油脂技術を開発
豆乳生産技術(新クリア製法)完成
特殊乳酸菌発酵による豆乳ヨーグルト技術を開発
発酵乳使用新フィリング生産技術を開発
1998年
(平成10)
  大豆イソフラボン抽出技術を開発
1999年
(平成11)
  ホイップチョコレート用油脂生産技術を開発
高粘度クリーム生産技術を開発
冷凍とうふ生産技術完成
遠赤外線焼成技術完成
業務用豆乳製品生産技術完成