ホーム > 会社情報 > 不二製油グループの歴史 技術史 > 1960年代

不二製油グループの歴史

  • 製品史
  • 技術史
  • 経営史
 

技術史

1960年
(昭和35)
9月 連続抽出装置完成、脱脂大豆の高度利用が始まる
1961年
(昭和36)
12月 半連続脱臭装置完成
パーム油の分別を始める
1962年
(昭和37)
2月 エキスペラーによるココア豆搾油を開始
1963年
(昭和38)
  洋生チョコレート生産技術を開発
1965年
(昭和40)
  コプラ処理量が日本一になる
1966年
(昭和41)
  ゲル形成能を有する大豆たん白製造法を完成。後に世界10ヵ国で特許取得
乳化技術によるクリーム用油脂を開発
大豆たん白分離技術を開発
1967年
(昭和42)
12月 大阪工場で分離大豆たん白の生産開始
1968年
(昭和43)
2月 世界で初めて、高油分クリームの直接加熱殺菌に成功
1969年
(昭和44)
  マーガリン生産技術を開発
大豆たん白組織化技術を開発